介護現場のニーズの捉え方、
考え方に関する討議内容の公開 ~見守り場面におけるテクノロジーの活用動向・政策動向を踏まえた排泄場面のニーズの捉え方~

介護ロボットのニーズ・シーズマッチング支援事業では、第1回マッチング委員会を開催し、開発企業に対して、介護現場にイノベーションを起こすために必要なニーズの捉え方、本質的なニーズ、テクノロジーの提供価値等をお伝えする事を目的とした討議を行いました。本討議の様子(動画)及び議事録を公開致します。

本事業では、介護現場のマーケット情報を収集するためのフィールド等を紹介することで、企業が真のニーズを汲み取ったテクノロジーの開発を支援しています
本事業でのマッチング支援や情報提供を希望される方は、是非以下よりエントリーください。

エントリーはこちら

なお、ご覧頂いた方は、本討議内容に関するアンケート(こちら)にご回答いただけますと幸いです。今後の事業運営の参考とさせていただきます。

討議の流れ

  1. 【話題提供】見守り場面におけるテクノロジー活用の成功事例
    ①見守り場面におけるテクノロジーの活用動向(エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所)
    ②夜勤の人員配置基準の緩和に関連する政策動向(厚生労働省)
  2. 【意見交換】「排泄」場面におけるニーズの捉え方、本質的なニーズ、テクノロジーに求められる提供価値等について

お問い合わせ先

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
情報未来イノベーション本部 先端技術戦略ユニット
担当:佐藤(智)、笠原、山内
Email:ns-plat@nttdata-strategy.com