介護ロボットの
プラットフォームとの連携

本事業は、厚生労働省「介護ロボットの開発・実証・普及のプラットフォーム事業」の一環として実施されています。この事業は地域における相談窓口、介護ロボットの評価・効果検証を実施するリビングラボネットワーク、実証フィールドの整備を行うことで、介護ロボットの開発・実証・普及の流れを加速化することを目指しています。

リビングラボ・実証フィールドでのご支援

介護ロボットのプラットフォームには、現在8つのリビングラボが参画しています。
ロボットの安全性の検証・効果の検証や実証に関する支援を希望する企業は、リビングラボに相談をすることができます。

リビングラボは、それぞれに強みや特徴があります。

  • ・リハビリテーション科専門医やセラピストが実生活環境を模した施設で、実際のロボットを活用しながらアドバイスを行うラボ
  • ・安全性評価やリスクアセスメントに強みを持つラボ
  • ・実際の介護現場を複数運営し、 介護現場でのロボットの実証ご支援や、介護現場目線でのアドバイスに強みを持つラボ 等

これらのリビングラボがネットワークを構築し、それぞれの強みを生かしながら開発企業をサポートします。
更に、プラットフォームに登録している実証協力施設(実証フィールド)を活用し、実証試験を実施することも可能です。

リビングラボ一覧

介護ロボットの開発において相談可能なリビングラボの紹介はこちらです。
各リビングラボの詳細につきましては、リビングラボの紹介ページをご確認下さい。

詳細はこちら